ファイナンシャルプランナーの資格を目指す人 ファイナンシャルプランナーに相談したい人 キャリアカウンセラーに相談したい人
マネープランセミナー コラム 北陸FP倶楽部 リンク集 会社概要 トップへ
 
       
     

今日の一言
2016.11.2


ウィークリーコラム 2016.11.8


ファイナンシャル・プランニングreport 2016.11.11


 2016.11.21





キャリアカウンセリング
 2002〜2014年まで活動しました。



☆2015年後半の大賞は、我が家に居ついたムササビの退去。

もう20年は超えようかというくらい、我が家にはムササビが居ついていた。
家族が大勢の頃は、皆がワイワイ暮らしていたからあまり気にならなかっ
たが、ここ数年は寝る時間帯や明け方近くになるとドタドタ屋根裏を走り
回っていた。家の壁には約30個もの穴が開けられ、初夏と晩秋の二回
に繁殖期を迎えることから、雄と雌が追っかけっこをしてじゃれあう始末。
家の改修の折に、大工さんに穴と言う穴を塞いでもらったにもかかわらず、
最後までわからなかった一つの穴。高さ15メートルくらいの三角屋根の
てっぺんの裏側にその穴はあった。直系は7〜8センチ。
ついに私は、二階の屋根裏にはしごをかけ、その穴を塞いだのであった。
あぁ〜静かになった。
それから二か月。ムササビがいなくなった我が家には鼠のチュウタロウが
大挙して引っ越してきたではないか。あぁ〜もう負けそう。。。


☆2015年前半の大賞は、猫の「くるる」に決定(2015.6.30)

娘夫婦が飼っている猫の「くるる」は、NHKの「ダーウィンが来た・・」が
大のお気に入り。特に鳥が飛び立つシーンなどを食い入るように見つめ
ているそうな。下の写真は、ヒゲじいが解説しているテレビ番組をじ〜と
見ている「くるる」。いつもは5歳になる孫と一緒に並んでみているとの
ことです。




☆涙ぐましい努力(2014.8.31)

イノシシが、多数、田舎に出没!
田んぼに入り、ゴロゴロ寝転がるやら、稲穂を食べるやら。
昨年、被害のあった田んぼに下記の電気柵を設置!
5000ボルトの電圧が、がイノシシの鼻先にビリリ。
イノシシはびっくり仰天と思いきや。他の田んぼにぞろぞろ入り込む始末。



イノシシ被害にあった田んぼの現況です。


☆たぬきが勝つか人間が勝つか(2014.6.27)

昨年のスイカ畑には、計20個ほどのスイカが実ったが、全てはたぬきのお腹の中に入ってしまった。網を張っても、板張りのスペースを作ってもすべて徒労に終わってしまった。さて、今年は下図のように、波トタンを張り巡らしてみた。さて、結果はどう出るか。たぬきが勝つか人間の知恵が勝るか。ここはたぬき殿と勝負!!




☆勝手にコラム大賞(2013年)

2013.6.11〜<わが村のタヌキ>
わが村(旧山田村)のタヌキ殿が丸丸と肥え太っている。なぜ??
正解は、晴天続き!!いつもなら田んぼに波々と水が貯えられているが、少雨と晴天のため、たんぼの水がすぐに蒸発してしまう。すると、わずかな水たまりにオタマジャクシが集まり、それをタヌキ殿が平らげてしまう。毎日毎日、卵が孵り、オタマジャクシが泳ぎだすと、「朝食・昼食・夕食」と三度の御馳走になってしまう。あまり増えすぎると困る。天敵は、オオワシや犬だとのこと。そういえば、我が家の飼い犬「ハナ」は、タヌキに犬小屋を奪われたことがあった。果たして天敵と言えるかどうか(6.11)。

*予期せぬことでしたが、6月13日、富山テレビさんから電話があり、タヌキ殿を取材(?)したいとのこと。当山田小島地区のタヌキ殿は、
決まった時間に出没する保障はなく、丁重にお断りしましたが、報道部の明さんの熱意に負け、取材を引き受けることに相成りました。
翌6月14日の早朝4時50分、私の携帯が目覚まし代わりに鳴り、
キャスターの吉村さんを目的地に誘導。
なんと前日の取材交渉が功を奏し、タヌキ殿は、二匹も現れたでは
ありませんか!?水が無くなった田んぼに、オタマジャクシはいなく
なったので、水が張ってある田んぼの畦をウロウロ。さすが、水の中
までは、短足で入り込めないので、どこかうらめしそうでした。
本日午後6時台、富山テレビのニュース番組で、タヌキ殿が出演する
予定です(6.14)。


☆勝手にコラム大賞(2012年)
2012.9.21野球ファン
仙台のFPフェア(9.22,23)に参加するため、前泊して東北楽天とソフトバンクホークスの試合を見に行きました。写真は野球ファンの親子です。父は楽天の攻撃時に大いに興奮。息子はソフトバンク攻撃時にはメガホンを振って、声高らかに応援!こんな親子もいいですね。父の背中は寂しそうでしたが。。




☆勝手にコラム大賞(2011年)
2011.9.3061.5歳
先日、私が講師を務めていた某セミナーにて、終了後、ふと見たアンケート用紙に、男性61.5歳と書かれていた。思わず吹き出してしまった。きっと、4月生まれなんだろう?? このような茶目っけのある人は、幾つになっても、童のような気持ちを忘れずに人生を送っておられるのではないだろうか。爽やかな風が、ふっと心を吹き抜けたような気持ちになった。


☆勝手にコラム大賞(2010年)
2010.5.12〜我が家の飼い犬「はな」をいじめた「たぬき」
 
2011.9.12
飼い犬の「はな」は、年をとり、最近は、餌を漁りに来た野良猫に
まで、威嚇されている始末。糞を外ですることもできなくなりました。
見かねた妻は、気分転換??に犬小屋を立てて寝かせています。
(実際は前足が上がらなくなった)

残念ながら、12月12日、「はな」は17歳の生涯を閉じました。